あなたに代理人(エージェント)はいますか?

あなたに代理人(エージェント)はいますか?

多くの日本人野球選手が大リーグへ行きました。

 

その時、よく聞くのが代理人。

 

日本のプロ野球界ではまだ少ない代理人ですが、
アメリカの大リーグやサッカー界ではおなじみです。

 

例えば、ヤンキースの松井選手の場合はアーン・テレム氏。

 

代理人は選手に代わって契約交渉をします。

 

一説によると、大リーグ選手の年俸があれだけ高騰したのは代理人のせいだそうです。

 

アメリカの代理人はほとんど弁護士資格を持っていて、選手にはない交渉能力を発揮し、
選手を可能な限り好条件で契約させようとします。

 

ここで思い起こすのは、それほどとびぬけた能力ではない人が、
会社に次々と幹部として入社してきたことです。

 

ヘッドハンターの紹介です。

 

ヘッドハンターは自分の実力と所属会社のネームバリューを利用して、
紹介する人材を最高のポジションと年俸で売り込んできます。

 

そうやって上級幹部にどんどん外部から人が入ってくると、
それまでいた社員にどんどん不満が溜まります。

 

実力というものはなかなか判断が難しいものですが、

 

「なんであの程度の実力であいつが副社長なんだ!」

 

と言っても、どうしようもありません。

 

影でぶつぶつ悪口を言うのがやっとです。

 

がまんできないのなら、自分もヘッドハンターを利用して転職するしかありません。

 

きっとヘッドハンターは実力以上のポジションへ売り込んでくれるはず?

 

実際、ある地区担当営業部長からスタッフに降格させられた人が、
中堅の外資系へ社長で転職した例がありました。

 

外資系サラリーマンにとって、ヘッドハンターや転職コンサルタントは
スポーツ選手の代理人のような存在です。

 

あなたには自分の代理人,、じゃなく親しいヘッドハンター、転職コンサルタントがいますか?

あなたに代理人(エージェント)はいますか? | 実録外資系物語

メンターとの出会い
自然に人脈が広がる外資系の世界
キャリアダウンする人