外資系の人事部

ひとごと部

日本の会社の人事部にどれだけ人事に関する権限があるか分かりません。

 

おそらく、会社によってはかなり大きな権限があると思います。

 

一方、一般的に、外資系の場合は自分の人事権は直属の上司が握っています。

 

入社してしばらくして、社員が「ひとごと部」と言っているのが聞こえてきました。

 

”何のことだろう?”

 

「ひとごと部って何ですか?」

 

「あ〜 人事部のことだよ」

 

「なんで”ひとごと部”っていうんですか?」

 

「それはね、人事部には人事権がないからだよ」

 

「・・・・・」

 

詳しく説明してもらったところ、人事部は社員に対する人事権はなく

 

組織変更とか人事異動などが行われたとき、 人事部は事後処理をするだけとのこと。

 

入社するとき、応募者の前に大きく立ちはだかる人事部。

 

それが、社内では人事権はまったくないという。

 

それで皮肉をこめて人事部のことを”ひとごと部”と呼んでいたのです。

 

やがてわかってきたことは、人事異動や組織変更は各本部が独自にやります。

 

例えば、マーケティング本部の人事異動や組織変更は本部の中で決定され、人事部は一切関知しません。

 

”そうか、そういうことだったのか”

 

履歴書を届けたとき、いきなり人事部長が出てきて横柄な態度で応対したのに、

 

入社が決まった後 やけに愛想が良かったのは、このことが関係していたのかもしれません。