外資系の新人トレーニング

新人トレーニング

入社してすぐ新人トレーニングが始まりました。

 

外資系はどんなトレーニングをするのか興味しんしんです。

 

会議室に入ると、前方にオーバーヘッドプロジェクターが置いてあります。

 

今ならさしずめパワーポイントを使うところですが、そのころはまだそんなものはありません。

 

人事部から簡単な社内状況が説明された後、マーケティング本部長が挨拶。

 

スマートに背広を着こなした人たちが、次から次と、入れ替わり立ち代りで自分の部署の仕事内容などを説明します。

 

広告部、販売促進部、マーケットリサーチ部、広報部、各ブランド、などなど。

 

そのほかに技術本部、経理本部、などマーケティング本部以外の説明もありました。

 

”みんなプレゼンテーションがうまいよな〜。

 

おれにはできないよな〜”。

 

見やすくまとめられた資料を使って、流れるように説明していきます。

 

でも、おかしなもので、プレゼンターがうまければうまいほど睡魔が襲ってきます。

 

”新入社員がここで居眠りするわけには行かないよな〜”

 

”あ〜 眠て〜”

 

ところが、隣を見るとNがすっかり夢の中。

 

入社したばかりで、たった6人しかいない中での居眠りとはいい度胸です。

 

話の内容はほとんど頭に入りませんでした。

 

感想といえば、

 

ボクにはこんなプレゼンテーションはできないなあ、ということだけ。

 

しかも、外人幹部が参加する会議では、英語でプレゼンテーションをしなければならないのかもしれません。

 

ディスカッションも英語か。

 

こりゃ、えらいことになった、と思いましたが、平社員でいる間はそんな機会もなく、心配は杞憂に終わりました。

 

しかし、社内では多くの会議があり、プレゼンテーション能力は社員の評価を左右することもありました。