外資系へコネでもぐり込む人が

外資系へコネでもぐりこむ方法

一般に外資系では社員の人事権は直属の上司が握っています。

 

人事部の権限は限られています。

 

そのために、日本の会社では少なくなったコネ入社が堂々とまかり通っています。

 

こんな話をすると、おそらく、

 

「えっ 外資系へコネで!」

 

「外資系にコネなんかあるわけないだろう!」

 

といった反応が返ってくるかと思います。

 

ところが、

 

ぼくが働いていた外資系にはコネで入社してくる社員が何人もいました。

 

どのような人たちかというと、

 

主に、販売会社の幹部のコネ組、社員の息子や娘、

 

そして、あまり強くないコネを数段たどってくる人たち。

 

コネで入社してくる人は、可能ならばそのことがばれないようにしたいはずです。

 

そのために、ぼくが知らない”コネ入社組”はもっといたと思います。

 

なぜコネで入社してくる人達がいるもか。

 

日本の大企業の人事部の権限がどのくらいあるかわかりませんが、一般的に外資系の人事部の社員に対する人事権はあまりありません。

 

あなたの人事権はあなたの直属の長、あるいはその上の上司が握っています。

 

人事異動や組織変更をやる場合は、ほとんど部門内で決めてしまい、

 

人事部は決定された人事異動や組織変更の事後処理をするだけ。

 

だから、会社では人事部のことを「ひとごと部」と呼んでいました。

 

例えば、自分の知り合いを入社させたい場合、先に直属の上司なりその上の上司に話をつけます。

 

その時点で上司やその上の上司が採用を決めてしまうと、人事部はもう手続きをするだけです。

 

もちろん、一般の新卒採用の場合は別です。

 

ところで、コネで入社した人が役に立つのか、という疑問がわきます。

 

まったく問題はありません。

 

なぜなら、コネで入社してきた人たちには、ある種の負い目があります。

 

そのためによく働きます。

 

実力があることを証明しようとします。