外資系の入社試験

入社試験

よく、「準備をしているところに幸運は訪れる」と
言います。

 

「手紙が来てるわよ!」

 

姉が呼んでいます。

 

”ああ、どうせ書類選考で落ちてしまい、履歴書を送り返してきたんだ”、

 

そう思って会社からの封筒を開けると、何と入社試験の通知です。

 

”あれ、世の中にはこんなこともあるのか”

 

”きっと、あの推薦状が効いたのかな?”

 

”ぼくの書類をゴミ箱に捨てなかった人事部長に感謝すべきかも、”

 

そして、入社試験の日。

 

”英語の試験だったらジエンドだな”

 

”常識問題が出てもダメだ!”

 

ところが、、

 

問題用紙を見てびっくり。

 

ほんの数日前に読んだ本の内容と同じです。

 

それはSPIのようなものでした。

 

このような試験は、どのような解答をするとどう評価されるか
わかっているのと、わかっていないとでは大違いです。

 

まるで、一夜漬けの試験勉強のヤマがずばり。

 

内心ニヤニヤしながら無事試験終了。

 

あのぼくを小ばかにした人事部長の顔が頭に浮かびます。

 

予想したとおり、数日後に面接試験の通知が来ました。

 

So far, so good. (ここまでは順調)

 

”いよいよ面接か”。