外資系へ応募したきっかけ

外資系へ応募したきっかけ

人生は不思議なもので、たった1本の電話で大きく変わってしまうことがあります。

 

友人からのこの電話がなかったら、ぼくの人生はまったく違ったものになっていたことでしょう。

 

持つべきは友です。

 

「おい、おまえに向いてそうな会社が人を募集してるぞ。今日の朝日新聞を見てみろ!」

 

ある日、友人から電話がかかってきました。

 

新聞を見ると、ある外資系の求人広告が出ています。職種はマーケティング本部のスタッフ。

 

友人はぼくが外資系へ転職したがっていたのを知っていたのです。

 

でも自分のそれまでのキャリアでは、受かる自信はありません。

 

「自信ないな〜」

 

「ダメもとだよ」

 

「そうだな」

 

当時、その会社のマーケティング本部は大田区にありました。

 

ぼくは中野に住んでいたので、環七を走ってドライブがてら行くには好都合です。

 

”どんな会社か見てみるか”。

 

そんな思いで履歴書を持って、のこのこと出かけて行くことにしました。

 

いい加減といえば、いい加減です。

 

でも、あまり必死な思いで生きていくと、ろくなことはありません。

 

日本人はもっと気楽にやればいいと思います。

 

外資系へ入社して、欧米人の生き方や仕事の仕方を見ていると
つくづくそう思います。

 

話は変わってしまいましたが、とにかく、ドライブがてら履歴書を直接会社に届けることにしました。