留学帰りのおかしなところ

留学帰りのおかしなところ

「日本人のバカめ!」

 

”おい、おい おまえだって日本人だよ。”

 

しかも、典型的な日本人顔。

 

留学帰りの友人が、ある日本人の習慣を非難しました。

 

まるで自分は日本人ではないかのようです。

 

ほかの留学帰りの友人も、何かと日本人をバカにします。

 

留学するとその留学先にほれ込んで、自分もその国の人間になりたいと心底思ってしまう人も少なくありません。

 

挙句の果てに、永住権を取ってその国に住み着いてしまう人もいます。

 

それはそれで個人の自由です。

 

でも、彼らが、何かと日本という国や日本人を非難するのはとてもおかしく見えます。

 

彼らの両親は日本人です。

 

留学するまで日本に住み、日本で教育も受けています。

 

日本人であるということでいろいろと恩恵も受けているはずです。

 

そこまで日本を嫌いにならなくてもと思ってしまいます。

 

でも、彼らがどんなに外人になりたくても、姿かたちは変えられません。

 

一方で、彼らはその嫌いな日本人や日本の会社を相手にビジネスをやり、

 

生活の糧をかせでいます。

 

ボクは留学したことがないので彼らの心の中は理解できません。